ホームへ
製品紹介ページ
フレッティング・テスト・マシン F型
F・T・M  MODEL No. NKA-183F

 本試験機は、道路表層面と車輌タイヤ間に生じる摩擦や骨材のはく脱、また工場内や 屋上に施工される防水床材と車輌タイヤ間に生じる磨耗を、予め室内試験的に供試体と 試験車輪を接地回転させて、その現象を捉える試験機です。
 特に最近、車輌タイヤの“すえ切り”“カーブ”によって生ずる路面の破壊がクローズアップされているが 、それを防止するべく施工技術の開発や研究に一役を担う試験機です。
試験機本体 試験車輪と供試体
 特色
・供試体の回転と試験車輪の回転を別駆動及び可変駆動にして、 それぞれの速度を変えたり供試体をシフトすることで微少摩擦(同軌)〜強力摩擦(スリップ)を 発生させることができる。
・供試体と試験車輪をフリーにしたり、強制自転、自走にする選択ができ、3パターンの試験 (弱、中、強摩擦試験)を行うことができる。
・水槽をセットすることで、水浸試験を行うことができる。
・任意の輪荷重設定試験を行うことができる。

基本仕様
機械装置 試験車輪回転 回転速度(5R.P.M.-28R.P.M.)
回転計表示
供試体回転 回転速度(5R.P.M.-28R.P.M.)
回転計表示
トラバース 移動速度 20mm/min(一定)
輪荷重 試験荷重 70kg(基本)任意設定可
試験車輪 外径200mm 巾50mm ゴム厚15mmのソリッドタイヤ
適用供試体 供試体寸法
300×300×50mm
500×500×100mm
供試体型枠は各一台付属
荷重負荷除荷装置 パンタグラフ式油圧ジャッキまたは電動ジャッキ
本体寸法 約巾1600×奥行1150×高さ1590mm
本体重量 約1300kg
機械制御装置 電源 200V 3相 20A
操作機能 ・カウンターによる供試体回転数設定及び自動停止
・トラバースの有無とトラバース幅の選択
 (使用供試体300mmと500mmの試験時の幅)
・トラバースの寸動(左動・右動)
・テーブル回転数と車輪回転数の設定と表示
・電流計
・安全装置…非常停止、過電流停止及び漏電遮断機、車輪過下降防止
操作盤外寸法 幅595×奥行400×高さ1100mm
操作盤重量 約75kg
計測ソフト ソフト 変位量の推移をグラフ化し、パソコンで表示保存、呼び出しプリントアウトができる。
恒温室 外寸法 約幅2700×奥行1800×高さ2200mm
設定温度 60℃±0.5℃(供試体付近)
電源 200V 30A